上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

3/29
三鷹のUNA MASというライヴハウスで伊藤ちか子さんのライヴにゲスト参加して来ました
Img_0391

実は彼女の独演会を聴くのは今回が初めて
けれど今まで何度も共演して来たのは、その佇まいと他でもないアコーディオンの音に惚れちまっているからです 
例えばセッションする参考音源の偉大なるミュゼットやジプシーの演奏家のその音よりもちか子さんの音が好きだったりする
そして目の当たりにする彼女のライヴは独特の進行具合や音楽への多大なる愛情が非常に魅力的で、小さなカウンターで僕は唸ってしまうのでした
絶妙な響きのあるUNA MASの空間にこれまた愛されているYAMAHAのセミコンが良く鳴ってくれました
自分のソロ『Tipitina』では力み過ぎてあまり鳴らせませんでしたが 揺らせていたみたいだけれど

セッション曲で一番反響があったのはThe Bandの『Theme Of The Last Waltz』でした
奇しくもちょうど僕はこの曲をモチーフに新曲を作っていたところなのです
演奏し終わった直後、静かなChikako Headzから「Yeah!」と声が聴こえて嬉しかった

プチ打ち上げは『婆娑羅』というもつ焼き屋さん
三鷹に行ったらもうここに決まりです

その後流れ初めて高円寺の稲生座へ
またピアノが弾けるぜー!と思ったらピアノ、のようなものでした
Img_0395
沢山の仲間がここに来ていたんだな

ちか子さんとの二人組は『マルタン』という名前になるかもしれません
何故ならばこの日二人ともDr. Martensを履いていたから
マーティンのフランス語読みだそうです
Img_0401

3/31
『東京うたの日コンサート vol.7』のミーティングのため渋谷BYGへ
少しずつ具体的になってきました
何事もワクワクしてなんぼです

この日はBYGでBLACK BOTTOM BRASS BANDのライヴでもありました
そしてトランペットのKOOちゃんが脱退する最後の日

ミーティングも佳境の時に呼ばれセッションしようとの事
BBBBはリハーサル中だったのです
最後くらい7人だけで締めた方が良いのでは、と提言したのですが安本社長に『Funkyなバンドなんだから堅苦しくなくてよいよ!』と言われピアノとマイクのサウンドチェック
メンバーそれぞれの気持ちが分かってしまっていたので何だか複雑でした
それは成人した子供たちばかりを残した友達の離婚みたい
残念なようなしょうがないような応援してたのにけれどそこまで親身でもないようなけれど悔しいような
そんな気持ちだったので本番ではMCも出来ず、ピアノを弾いてうたいました
BBBBともKOOちゃんともすぐにまた演奏すると思うのでこれまた何か変な気分でもあり
マドロス3もあるしね

何にせよ彼らと出会って13年 僕らは変わらなければならなかったんだ
Img_0399

Img_0400
After the Parade of Never Say Good Bye Tour

今年も4分の1が終わったと思うとビックリ
けれど焦らず瞬間ごとにバクハツしようと思います

明日から西へNa Leiのツアーです
みんな待っててね

ロックンロール
山本隆太
スポンサーサイト

  1. NEW ORLEANS
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ryuta yamamoto

Author:ryuta yamamoto
山本 隆太 - Ryuta Yamamoto -

東京都港区生まれのピアニスト/シンガーソングライター。
6才よりピアノを弾き始める。15才で作詞作曲とギターを始め18才で渡米、各地でセッション。帰国後、様々なバンドを経て2002年よりピアノ弾き語りのシンガーソングライターとして活動開始。ロックンロール、ブルース、ニューオリンズファンク、ハワイアン、沖縄音楽など様々なジャンルを融合した楽曲で紡がれるエンターテイメント性溢れるステージで都内を中心に全国各地でライヴ活動。
2006年、ハワイアンミュージックバンド Nā Leiに加入。
2007年、作詞した楽曲「うたのうた」がBEGINに取り上げられる。沖縄、東京、宮城の「うたの日コンサート」に参加する他自身のイベントも多数企画。
2010年、ディズニーピクサー映画「トイストーリー3」日本語版エンディングソング「僕らはひとつ」の訳詞、歌唱を担当。
2011年「ARABAKI ROCK FEST. '11」に「山本隆太トリオ」で出演。
2013年「おきなわのホームソング」1~2月のうた「ボクのテンプス」の作曲、編曲、ピアノ、9~10月のうた「‘おっきなゔぁい!」の作詞、編曲、ピアノを担当。
近年はアレンジャー、プロデューサーとしても活動の幅を広げる。
★お問い合わせ、ライヴ出演、楽曲制作、プロデュースのご依頼は
bringbackrecords@gmail.comまで

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。