上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

月刊山本隆太六月号
Diary of June

6/1
東京うたの日のためのBYG BLUES BANDリハーサル
簡単なアレンジしかしていなかった曲たちは素晴らしいメンバーによって素晴らしい仕上がりになって行き、僕らは年に一度しか一緒に演奏しないけれどすでにもうTHE BANDなのだと思いました
沖縄出身のJazz Vocalist、大城蘭さんとは初めて合わせたのですが皆MellowMellowでした
6/2
僕の1st Albumの写真を撮ってくれたRichくんの結婚パーティで2曲弾きました
一人ぼっちで演奏するのは久しぶりでガチガチになってしまった
『うたのうた』をリクエストしてくれてありがとう
6/3
横浜は鶴見サルビアホールにてHalau Na Pua Hula Leaさんの発表会でNa Leiで演奏して来ました
温かい、素晴らしい空気が流れていました
6/4
午前中に久しぶりにEqual Studioへ
うたの日のために書いた曲のDemo Recordingをさせてもらいました
6/5
深夜12時半、車で鹿児島へシュッパンツ
Img_0631
関門海峡
夕方に鹿児島にトウチャック
免許を取ろうかなと今更ながら思っています
6/6
鹿児島Aloha MarketさんにてLive
細長くガラス張りのお店だったので音作りに苦労しましたが本番は多いに盛り上がりました
今回のツアーでは東京うたの日用に新たに2曲作るため毎回ホテルはこんな感じでした
Img_0638
Tropicana MotelのTom Waitsの気分で忙しさを紛らわす
Img_0642
今回桜島は眺める時間しかありませんでした
6/7
博多へ 2時間半ほどで着いてしまいビックリ
本番までブラリ
Img_0648
with Joe Strummer on 親富孝通リ
会場のバサンさんはこだわりのあるいかしたお店でした
久しぶりに博多のHula Sistersとライヴが出来て嬉しかった
6/8
広島へ
Img_0655
雨の原爆ドームにて今の日本を憂う
リハーサルしてお好み焼き
憂ひを忘れてどうかと思ふ
6/9
広島の皆さんは何をとっても嘘がない、正直な印象でした
そして素晴らしいショウに
終わってすぐ岡山へ
6/10
岡山と玉野の間にある灘崎文化センターでHauoli's玉野教室の発表会
Img_0657
ひさしぶりのスタインウェイ
うたも演奏も構成も流れも組織も、愛さえあれば問題無くなる場合があると立証する素晴らしい発表会でした
Img_0659
6/11
瀬戸内海からハワイにレイを還して街へ
Img_0660
岡山のラジオ局をハシゴしました
Img_0662
Na Lei三人でいると虹を見る事が多いです
6/14
うたの日BLUES BANDリハ@BYG
あの!遠藤賢司さんも来てくれました
やっと共演出来ました
エンケンさんは日本の宝だと思います
6/15
Na Leiで『Ka Hula 2012』@目黒パーシモンホールに出演
前にこのイベントでZepp Tokyoに出たのは2年位前でしょうか
この日も素晴らしいミュージシャン、ダンサーさん達に囲まれ幸せでした
偉大なるフラの先生でもありSong WriterでもあるFrank Hewettさんと再び「Lei Ana 'O Manoa I Ka Nani O Na Pua」を共演させてもらったり、Na PalapalaiのKehau Tamureさんに僕らの演奏で踊ってもらったり贅沢な時間
楽屋でKehauさん作の「Ka Manu 'Ohala」を目の前で演奏させてもらったり、Merry Monarch以来のWeldon Kekauohaさんとたくさん話せた事も嬉しかった
Img_0677
Kehauさんと
6/16
『東京うたの日コンサート vol.7』@Shibuya Club Quattro
BYG BLUES BANDで出演しました
Img_0680
素晴らしきメンバー
Left to right
上地等(From BEGIN),ANTON(From Black Bottom Brass Band),島袋優(From BEGIN),Me,Atsushi,大城蘭,高橋Jr.知治,YASSY&IGGY&MONKY(From BBBB)
サンタラさん、竹原ピストルさん、向井秀徳さん、エンケンさんとも共演しました
この日だけのセッションなので嬉しさも悔しさもたくさんでした
6/17
東京うたの日二日目
渋谷BYGの安本社長と共にこのイベントのプロデュースを初めてはや7年
初めて東京うたの日のオリジナルソングを書きました
今月に入ってBEGINの比嘉栄昇さんとMailでやりとりをして2曲一緒に
言葉に出来ない程の経験
うたを作るってなんなのか、と根底から学んだ気がします
最高だと信じられる曲が出来上がった時が自分にとって音楽をやっていて一番の瞬間なんだと思っていましたが、この日初めてそれらを演奏してお客さんに聴いてもらい、ひとつになれた瞬間こそが一番なのかもしれません
168876_335000269914375_264410881_n
あぁ楽しそう
532364_335000089914393_1428380592_
そりゃ楽しいで
553243_335000293247706_1083099909_
みんなでワッショイ!OLD246(道玄坂)からあがてぃたぼーれ(あがってください)!
素晴らしき瞬間をとらえたのはphotographer大房千夏さん
6/22
母と従姉のBirthday
6/24
慰霊の日の次の日が本当の「うたの日」
自分なりにお祝いして奏でました
6/30
えのすぱでNa Lei
この日は石垣島でうたの日コンサートが開催されていました
「Ka Nohona Pili Kai」を演奏している時に夏川りみさんが石垣では「涙そうそう」をうたっているかもなぁと思いました

さらに怒濤の文月編へつづく

そしてお知らせです
『宮城うたの日コンサート in 七ヶ浜 2012』
8/18(sat)
@七ヶ浜国際村アンフィシアター(Shichigahama,Miyagi)
open15:00/start15:30
入場無料
出演:BLACK BOTTOM BRASS BAND,山本隆太,ハッチハッチェルバンド,
矢野絢子,松千
MC:terry
問い合わせ:電話022-357-5931/メールkokusai@shichigahama.com

2012 第4回 宮城うたの日コンサート IN 仙台
8/19(sun)
@CLUB JUNK BOX 仙台(Sendai,Miyagi)
出演:三宅伸治風味堂BLACK BOTTOM BRASS BAND山本隆太ハッチハッチェルバンド矢野絢子KUDANZ
MC:terry
open13:00/start14:00
前売り3500円/当日3900円(ドリンク別500円)
ローソンチケット(Lコード:26782)
チケットぴあ(Pコード:173-297)
イープラス(http://eplus.jp)
3d46375d

両日とも素晴らしいイベントにします
ぜひいらして下さい!

山本隆太
スポンサーサイト

  1. ロックンロール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ryuta yamamoto

Author:ryuta yamamoto
山本 隆太 - Ryuta Yamamoto -

東京都港区生まれのピアニスト/シンガーソングライター。
6才よりピアノを弾き始める。15才で作詞作曲とギターを始め18才で渡米、各地でセッション。帰国後、様々なバンドを経て2002年よりピアノ弾き語りのシンガーソングライターとして活動開始。ロックンロール、ブルース、ニューオリンズファンク、ハワイアン、沖縄音楽など様々なジャンルを融合した楽曲で紡がれるエンターテイメント性溢れるステージで都内を中心に全国各地でライヴ活動。
2006年、ハワイアンミュージックバンド Nā Leiに加入。
2007年、作詞した楽曲「うたのうた」がBEGINに取り上げられる。沖縄、東京、宮城の「うたの日コンサート」に参加する他自身のイベントも多数企画。
2010年、ディズニーピクサー映画「トイストーリー3」日本語版エンディングソング「僕らはひとつ」の訳詞、歌唱を担当。
2011年「ARABAKI ROCK FEST. '11」に「山本隆太トリオ」で出演。
2013年「おきなわのホームソング」1~2月のうた「ボクのテンプス」の作曲、編曲、ピアノ、9~10月のうた「‘おっきなゔぁい!」の作詞、編曲、ピアノを担当。
近年はアレンジャー、プロデューサーとしても活動の幅を広げる。
★お問い合わせ、ライヴ出演、楽曲制作、プロデュースのご依頼は
bringbackrecords@gmail.comまで

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。