上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

愛する秋がやって来た!
今年の宮城うたの日は8月末という事もあって仙台で夏が終わってしまった感じです

8/15から18まで神戸に
Hawai'i Loa Hula Competitionにナーレイで参加
帰り一人新神戸駅にて
Img_5369
僕のうたにもなっている「タワシさん」に出会ったのはここから近くの上甲って名前の旅人の家でした
20年くらい前の話
彼も元気かな

8/19
鈴木茂さんのライヴ@Shibuya Pleasure Pleasure
ヒーローになるための試練そして喜び
このメンバーと同じステージに
Img_5382
素晴らしき音楽の旅の途中でこのプロジェクトに関われて本当に幸せ
数日後これじゃあかんと何だか音楽理論の本を買いました

8/24
ナーレイで甲府へ
桃源文化会館、素晴らしいホールでした
パイプオルガン弾きたかった
Img_5413
それにしてもいただいた葡萄は人生で一番の味でした 
特に巨峰 ベイビー

8/25
黄ちゃんとBYGでリハーサルした後下北沢のNever Never Landへ
ピアノ弾いたけどあんまり憶えていません
Img_5416
ネヴァーではいつものこと

8/28
南青山MANDARAに下地勇さんとチャボさんのライヴを観に
ロックンロールは頭から下の音楽だぜ
勇兄、いかしてた

8/29
ナーレイで目黒の八芳園で演奏した後仙台へ
宮城うたの日プロデューサーTerryと打ち合わせ
Img_5439
近藤商店ではいつものこと

8/30
『宮城うたの日コンサート vol.6 in 七ヶ浜』
当初予定していた水上ステージは雲行きが怪しかったのでホールのエントランスで演奏する事に
先ずは僕が一人で「浜辺の歌」から始め5曲 音響さんが素晴らしく気持ち良くうたえました
大島賢司さん、高橋Jr.知治さんと「僕らはひとつ」
大島さんとは2011年のARABAKI ROCK FES.以来 相変わらずのタイトなドラムと笑顔にシビれました
Jr.さんは東京うたの日でもおなじみ Sandii Bandのベーシストでもありハワイアンでも繋がっています
僕がうたっていると知らずに『Toy Story 3』を観ていたそうです
三宅伸治さんとNaNa 5931を呼んで「うみひとまちうた」

2010年に七ヶ浜に僕が作ったうた「うみひとまちうた」を去年の秋に被災したピアノで録音し、子どもたちのミュージカルグループNaNa5931にもうたってもらったのにいまだ宙ぶらりん なのでこちらから頼みずらかったんだけれど数日前にFacebookにピアノの持ち主でありNaNaのうたの先生でもある鈴木由美さんから今年は参加しなくて良いんですか〜?とコメントが ぜひぜひ〜とのことで素晴らしきコラボレーションが実現 Facebookも捨てたもんじゃないね
子どもたちのうた、パフォーマンスにやられました 久しぶりにステージで時空が歪むというか音楽の中にいる感覚に
Img_5443
Groove7とも来年はやりたいな 
音源、必ず形にします

そして三宅伸治BANDを観てロックンロールが当たり前に永遠でずっとやりたいなぁと思いました
エンディングでは一緒に三宅さんと作った「約束の場所」
友部正人さん訳詞でBob Dylan、THE BANDの名曲「I Shall Be Released」を
最後は三宅さんのボトルネックと僕のピアノのインストゥルメンタルで「この素晴らしき世界」

終演後の一枚
Img_5441
幸せでした ありがとう国際村 そして七ヶ浜のみんな

仙台に戻り熱く打ち上げ 途中で中村耕一さんも合流 〆はラーメン
国分町では良くあること

8/31
『宮城うたの日コンサート in 仙台 vol.6』ダイジェスト
オープニングは僕とJumping Crow Brass Bandのトランぺッター、ダイヤくんと「赤とんぼ」
JCBBがパレードインして「Bourbon Street Parade」
彼らはBad Boyzの雰囲気たっぷりでニューオリンズ臭プンプンです
室矢憲治さんのビートポエトリーリーディング「ジャックとニール〜カリフォルニアへやって来た」も一緒にやりました
中村耕一さんを呼び込んで友部正人さん作詞、三宅伸治さん作曲の「5メートル」を二人で
Img_5458
中村さんのうたぢからはやはり圧倒的です
1部の最後はJCBB、Jr.さん、大島さん、僕も参加して「Slipping & Slideing」
会場は「OH!YEAH!!!」の嵐

2部は僕が一人で「旅の途中」から
大島さん、Jr.さんと「コヨーテ」「僕らはひとつ」「月とロックンロール」
途中ベースの音が出ないトラブルがあったけれど逆に盛り上がりました それを瞬間で当たり前にエンターテインメントに出来る素晴らしきお二人 ロックンロールブラッドと経験とそれを楽しんでくれる最高のオーディエンス
Img_5454

Img_5452

三宅さんを呼んで「月がかっこいい」
昨日9/10の月、かっこよかったね

三宅伸治BANDの「やぁ〜」、シンプルでせつなくて力強くて良かったなぁ
ロックンロールがいいのだ 当たり前

エンディングは三宅伸治BANDと僕、中村さんと「生きよう」「約束の場所」
JCBBを呼んで「うたのうた」 三宅さん、大島さん、中村さん、Jr.さんにもうたってもらい嬉しかった
Img_5449
今年は「うたのうた」が生まれて10年 有り難いなぁ

BYGの安本社長がリハーサルから観てくれていて助かりました
そしてTerryに感謝

夢と希望と愛とロックンロールでいいじゃないか こんなくそったれの世の中だ 
キレイゴトは綺麗なのだ

Img_5248
Photo by Ken Sasazaki 26 JULY 2014 @ World Porters Yokohama

秋もィよろしく

山本隆太
スポンサーサイト

  1. ロックンロール
  2. [ edit ]

プロフィール

ryuta yamamoto

Author:ryuta yamamoto
山本 隆太 - Ryuta Yamamoto -

東京都港区生まれのピアニスト/シンガーソングライター。
6才よりピアノを弾き始める。15才で作詞作曲とギターを始め18才で渡米、各地でセッション。帰国後、様々なバンドを経て2002年よりピアノ弾き語りのシンガーソングライターとして活動開始。ロックンロール、ブルース、ニューオリンズファンク、ハワイアン、沖縄音楽など様々なジャンルを融合した楽曲で紡がれるエンターテイメント性溢れるステージで都内を中心に全国各地でライヴ活動。
2006年、ハワイアンミュージックバンド Nā Leiに加入。
2007年、作詞した楽曲「うたのうた」がBEGINに取り上げられる。沖縄、東京、宮城の「うたの日コンサート」に参加する他自身のイベントも多数企画。
2010年、ディズニーピクサー映画「トイストーリー3」日本語版エンディングソング「僕らはひとつ」の訳詞、歌唱を担当。
2011年「ARABAKI ROCK FEST. '11」に「山本隆太トリオ」で出演。
2013年「おきなわのホームソング」1~2月のうた「ボクのテンプス」の作曲、編曲、ピアノ、9~10月のうた「‘おっきなゔぁい!」の作詞、編曲、ピアノを担当。
近年はアレンジャー、プロデューサーとしても活動の幅を広げる。
★お問い合わせ、ライヴ出演、楽曲制作、プロデュースのご依頼は
bringbackrecords@gmail.comまで

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。